「授業づくりネットワーク」について

 授業づくりネットワークは、2018年の4月に創刊30周年を迎えた教育研究団体です。1990年代から、ワークショップ型授業やディベート、特別支援教育など、様々なテーマに先進的に取り組んできました。大きな授業改革のうねりの中で、私たちのこれまでの提案に注目が集まっています。

 現在のわたしたちの活動は大きく2つです。
 第一に定期に発刊する書籍「授業づくりネットワーク」(学事出版)での情報発信です。
 第二に全国各地で開催する「授業づくりネットワーク集会(セミナー)」での情報発信・情報交流です。

 今後の学校教育の変化に関して積極的に関心を寄せる方々の情報発信、情報交流の窓口として本ホームページをお使いください。

「授業づくりネットワーク」最新刊紹介

授業づくりネットワークNo.40―個別最適な学び 単行本(ソフトカバー) – 2021/12/20

 

「個別最適な学び」。あるいは、「個別最適化」。今やこの言葉も「探究」同様に、バズワード化している。 しかし、そもそも「個別最適な学び」って何だ! ?
本号では、自由進度学習、『学び合い』、UDL、ICT、オルタナティブ、ケア、宿題、学習環境など、多様な視点・実践を通して、「個別最適な学び」を考える!

○『授業づくりネットワーク』No.40 通巻348号 もくじ
個別最適な学び
【巻頭鼎談】
「個別最適な学び」は特別な学びなのか~自由進度学習を問う~
竹内淑子×青山新吾×岩瀬直樹

誌上レポート
高橋尚幸さんの教室から
〜流動型『学び合い』の授業と「個別最適な学び」〜 大島崇行

パート1 「個別最適な学び」とは何か
「個別最適な学び」のための「新しい」授業を創る 加藤幸次
何のための「個別最適化」なのか 武田信子
「個別最適化」とオルタナティブ教育の重なりとズレ 武田 緑
「個別最適な学び」とICT活用 豊福晋平
GIGAスクール構想と「個別最適な学び」で変わる公教育の未来 三井一希
「個別最適な学び」と『学び合い』 阿部隆幸
「個別最適な学び」とUDL(学びのユニバーサルデザイン) バーンズ亀山静子
「個別最適な学び」とケア 柏木智子

座談会
「個別最適な学び」の現場
佐々木 潤×秋山真一郎×奥井貴仁×本田明菜×吉川裕子

パート2 「個別最適な学び」を実践する!
インクルーシブを目指した自由進度学習の実践 蓑手章吾
協働的な学びと個別最適な学びを往来する
~総合的な学習を軸としながら子どもたちの気づきに寄り添う~ 長瀬拓也
ICTを活用した図画工作における個別最適な学び 岩本紅葉
自分の問いへの探究と緩やかなつながりから生まれる学習環境
〜子どもの姿から教えてもらったこと〜 飯干 望
個別最適な学びとUDL実践 山田洋一
子ども目線で問題解決する校内研究~個別最適な学びに向けた基盤づくり~ 京野真樹

インタビュー 葛原祥太
「けテぶれ」と「個別最適な学び」 石川 晋+藤原友和(GR)

パート3 読書で考える「個別最適な学び」
『窓ぎわのトットちゃん』片岡利允×小島章子×齋藤暁生×前田考司
『ようこそ,一人ひとりをいかす教室へ』川本 敦×菊地南央×小島貴之×戸来友美